2011年1月28日金曜日

TGN21, 11月13日~14日

大分時間が経ってしまいましたが、11月12日~14日(自分が参加したのは13日夜~14日朝まで)の間に開催されたTGN21の参加感想をざっと書いておこうと思います。
会場の雰囲気はTGN21特設サイトに、写真や動画、レポートが大量にアップされていますのでそちらもチェックしてみてください。
TGN21特設サイト

到着まで
 当日は電車に乗り過ごしたりしつつも稲毛駅に到着。タクシーに乗り込みGoogleMapを見せるが、細部が分かりにくくて伝わらない。タクシーにはカーナビもついていないようだったので、会場に近い宿泊先の「ホテルいなばん」に向かってもらうことにしました。そこからmatsujunさんに電話してHOUKOUさんに迎えに来てもらい、ようやくTGN会場の建物に到着。確か11時頃でしょうか。どういう建物かというと企業の倉庫…。外観は工場のようです。タクシーの人がわからないのも頷けます。いなばんのことを忘れていたらたどり着けずにイベントが終わっていたかもしれません。

会場の様子
 TGN会場の雰囲気は倉庫の中にPCの画面がずらりと並んでデバイスの操作音が飛び交っているという光景。今回はFPS、RTS、格ゲーの三つの部が全部入っているので、それぞれの部が独立して盛り上がっている感じです。途中参加だったこともあって、ちょっとこの光景に慣れるまで時間がかかりました。TGNの規模でこの印象ですから6,000台のPCが並ぶというDreamhackはどんなものなんでしょうか。

AOE3、SC2
 軽くPCのセッティングを済ませて席確保。1時頃からIEF報告会だったので、それまでAOE3、SC2のエキシビジョンマッチに参加してました。一応自分もノートPCを持ってきていましたが、対戦自体は配信の都合などでmatsujunさんのPCを使う形になりました。SC2はトーナメントの決勝戦をやる予定が、決勝戦の対戦者が都合で帰宅してしまったということで、自分がSurapopさんと対戦することになりました。しかし肝心のSC2は殆ど練習しておらず、ゲームの流れもわからない。とりあえずvsTerranだったのでProtossのColossusオーダーで戦ってみるもBansheeからのオーダーであえなく撃沈。結果はまあ予想通りだったんですが、問題は時間の関係でIEF報告会がその直後にあるということでした。移動と慣れないゲームで疲れがたまってしまったので、ここは準備を万全にしておくべきでした。結果的には報告会にもそれが響いてしまった感じでちょっと申し訳なく思います。

IEF報告会
 報告会の具体的な様子は報告会の録画をどうぞ。実はこのときIEFJAPANの陳さんも会場に来られていました。
 報告会の内容ではKurOaさんのWCGレポートが自分の試合内容もわかりやすく説明していたのでいいな、と思っていたのでそれに倣って自分の試合内容を説明することを第一に考えてました。
 ただ会場の参加者の中でWC3を知っている人がSurapopさんぐらいしかいなかったので、会場の雰囲気にはマッチしない内容になってしまったのが残念。直接関係はないですが喋りももう少し堂々とした声でできればよかったです。反省内容は多いですが、しかし試合内容を伝える上でどんな風に説明するか、どの場面のSSが面白いか、といったことを考えるきっかけになったので、個人的には勉強になりました。

ホテルいなばん
 IEFの報告会が終わると疲れがどっと圧し掛かってきたので、TGNスタッフと団体利用で泊まっていたホテルいなばんに移動。古風な宿と聞いていたのですが、確かに古風な日本の宿という感じ。自分には新鮮で結構面白かったです。部屋で山積みになっているビール缶が気になったもののそのまま布団へ。

帰宅まで
翌朝は9時頃に起きて会場へ。昨晩に比べると大分楽でした。会場には貫徹の人も多く、皆さん体力的に限界の様子で昨晩の活気は大分収まっていました。ステージではスーパーマリオブラザーズのデスマッチイベントが開催中。こういうシンプルなゲームがあると、皆で遊べて良い感じです。入り口付近ではドミニオン、スパIVの対戦も。
自分は最後にAoE3のRoadofHopeさんと1v1をプレイ。なぜかここにきてから初めてまともにゲームをプレイしたような感覚でした。この手の会場にきたらやっぱり自分で遊ぶべきですね。
その後は一本締めでお開きとなり一斉に撤収作業へ。皆さんおつかれさまでした。
お世話になった方々(特にスタッフのkabichanさんには色々とお世話になりました)ありがとうございました。

イベント終了直後は移動や報告会などで非常に疲れてしまったのですが、振り返ってみれば充実していて楽しかったと思います。
近くでこういうイベントがあればまた参加してみたいですね。

0 件のコメント :

コメントを投稿