2014年3月6日木曜日

[Hearth Stone] Gnimsh’s Arena Video Guide和訳 Part1 ベースとなる知識

トッププレイヤーGnimshがIhearthU.comに寄稿したGnimsh’s Arena Video Guide内のビデオ、Step 1 Knowledge Baseを和訳し、追記に要約しました。



ベースとなる知識
 最初にぼくが強調したいのはベースとなるカードの知識の重要性だ。これには3つの段階がある。まずはすべてのカード効果をおぼえること。でも無理して知識を詰め込もうとしなくていい。そうやってもゲームで使えるようになるわけじゃない。

 たとえば〈Mind Control〉というカードがある。ここで大事なのは「Mind Controlという10マナで脅威になるカードがある」という事実だけ。「これはコントロールデッキに含まれるのだろうか」といったことを覚える必要はない。
 〈Shadow Maddness〉というカードを覚えるときも「4マナで、たくさんのMinionを出しているときにAttack3以下のMinionのコントロールを奪って殴られる」ということだ。
 明確なコストとカード効果を覚えていないことはゲームでミスを生むきっかけになる。「このターンに出てくるはずだ」と思ったら次のターンだったりして。
 こういう努力をしたくないと思うなら君は勝てない。もし勝ちたいと思うならすべてのカードを覚えないといけない。だからぼくはベータキーの入手を待つ間、ストリームを見ながら〈Hearthhead〉のカードデータをすべてチェックしていた。そしてようやくベータキーを手に入れたときもカードの効果をすべて知っていたのですぐにプレイできたし、勝ち続けることができた。
 まずカード効果を覚えること。これがぼくに教えられる最初のことだ。

 ベースとなる知識の次のステップは、すべてのクラスを覚えることだ。すべてのカードの効果を覚えたら、次にクラスカードの一覧をみて、どういった特徴があるかを見てみよう。たとえばPriestはもちろんHealに特化したクラスだ。MinionのControlを奪うカードもある。こういった特徴を覚えればプレイするときに大いに役に立つ。WarirorについていえばEngrageとChargeのカードが多いことを覚えておくべきだ。ただ単に知っているだけでも、プレイしたとき「ああ、これは知っている」という風に考えられるから対策の立て方もわかる。

 最後はすべてのカードのシナジーとコンボを覚えることだ。自分でコンボを編み出そうとしなくていい。ゲームを覚えることが重要だ。一部の天才は違うかもしれないがぼくらはそうじゃない。一部のシナジーは自分でも見つけられるかもしれないが、インターネットなどの別の情報源を使ったほうがいい。StreamingやPodcast、データベースが揃っている。誰かが「相手がこうやってきたからぼくはこうやって倒した」といった投稿をしていることもある。こういった情報を集めるべきだ。そうすれば自分で使えるようになる。
 Warriorを例に出そう。〈Amani Berserker〉というEnrageで強化されるMinionがいて、たくさんのクラスが自らダメージを与えて強化できる。Warriorなら〈Whirlwind〉。相手が小さいMinionを出してきたところにBerserkerを出してWhirlwindを打てば除去と同時に相手に大きなダメージを与えられる。
 PriestならMinionのHealthを倍にする〈Divine Spirit〉といったBuffを与えるカードが多い。こういったBuffをHealthがAttackと同じ数値になる<Lightspirit>、〈Inner Fire〉といったカードと一緒に使えば22点のダメージを1ターンで飛ばす、なんてことも可能だ。

 こういったベースとなる知識がこのゲームのポイントだ。すでにゲームをプレイしている人なら知識をすぐにゲームで試せるから上達も早いだろう。次のパートのデッキ構築も重要なのでぜひ見てほしい。

0 件のコメント :

コメントを投稿