2014年5月5日月曜日

Taiwan e-Sports Leagueが5月2日に淡江大学で開催したe-sports実況者を養成する講習会「TeSL搜尋電競超級主播」のレポート記事

情報元(TeSL):《聯盟》TeSL搜尋電競超級主播,說明會第二站淡江大學

 台湾のe-sportsプロリーグ「Taiwan e-Sports League(TeSL)」は5月2日、e-sports実況者を養成する講習会「TeSL搜尋電競超級主播」の第2回目を台湾新北市内の淡江大学で主催し、講習会では人気のStarcraft2実況者であるJerryとAlphaの両名がその実況の心得を参加者達に伝授しました。

 記事では写真付きで熱心に耳を傾ける参加者達の様子や、講師による「状況に反応して喋ることをトレーニングする」「自身によるプレイも集めた資料と組み合わせることで場を盛り上げられる」といったアドバイスが紹介されています。

 私が知る限り、「実況者養成の講習会」というのはe-sportsが盛んな国でも聞いたことがなく、このような活動をプロリーグのTeSLが主導的に行っているというのは興味深いことではないでしょうか。日本と同じく、台湾のe-sports界の規模も大きくありませんので、その手法は日本のe-sports界も応用できるのではないかと思います。

 今回の講演会は全部で3回開催されますが、最後となる第3回目は5月14日台北市内の世新大学で、講師には人気実況者のSobad Rush等が招かれる予定です。

関連記事(第1回目の講習会の様子):《聯盟》TeSL搜尋電競超級主播,直擊輔仁大學座談會現場

0 件のコメント :

コメントを投稿