2014年6月28日土曜日

6月14日に行われた台湾の学生オフライン大会「暴雪AMD夢想聯賽」のHearthstone南部予選で威傅選手が優勝

情報元(暴雪AMD夢想聯賽):《爐石戰記》南區網咖賽 連破兩傳奇!「威傅」搶下南區代表資格
 台湾の学生オフライン大会「暴雪AMD夢想聯賽」のHearthstone南部予選が6月14日に高雄市のネットカフェ「大都会十全店」で行なわれ、成功大学に所属する威傅選手がstkenny選手を2-1で下して優勝しています。


写真:優勝の威傅選手(右)

暴雪AMD夢想聯賽は学校を代表する大学生のプレイヤーの間で行われるオフライン大会。競技種目はStarCraft IIの1対1と3対3、Hearthstoneの合計3種目です。
 それぞれの種目で台湾の北部、中部、南部の3地区のネットカフェで予選を行って各地区の代表を決定後、8月初めに開かれる台北のPC見本市「台北電腦應用展」内で決勝戦を8月2日を行い、学生最強のプレイヤーを決定します。
 今大会の優勝者は8月3日に同見本市内で開かれるHearthstoneの世界大会「Hearthstone World Championship」の台湾地区予選に進出し、ほか3名の出場者と世界大会出場の座を賭けて対戦する予定です。

 暴雪AMD夢想聯賽に写真転載の許可をいただいたので、以下、公式サイトに掲載されていた写真レポート記事の内容を紹介します。




写真:開場直後の受付の様子。すでに多くの人が来ています


写真:夢想聯賽のロゴ(DreamLeague)付きのPCがずらりと並ぶプレイエリアの様子

 台湾のネットカフェは日本の「漫画やシャワールームが備わった空間」とは少し異なり、「PCの使用に特化した空間」になっています。


写真:同大会は台湾の有名Hearthstone実況プレイヤー葉白氏と紹安氏によって行なわれました

 南部予選と同じく、今大会にも飛鳥戰神選手、成吉思汗選手、Kevin shih選手といったアジアサーバーのLegendaryプレイヤーが多く集まりました。しかし、大会の順位は常にランクによって決まるわけではありません。


写真:左から中山大学の飛鳥戰神選手、台南大学の成吉思汗選手、高雄大学のKevin shih選手

 今回優勝した威傅選手はLegendaryプレイヤーではありませんが、Zoo Warlock、Roar Druid、そして大量のDivine Shieldが入ったPaladinの3デッキを使い、2回の不戦勝という運にも恵まれる形で決勝トーナメントに進出しました。


写真:自身のデッキを確認する威傅選手


写真:中山大学のstkenny選手

 威傅選手は決勝戦でstkenny選手のShamanにZoo Warlockで1戦目を落としますが、Roar DruidでShamanとDruidを立て続けに潰して勝利しました。


写真:威傅選手(下)がstkenny(上)選手に8点のHealthを残して辛くも勝利し、スコアを1-1に戻した場面


写真:威傅選手(下)とstkenny(上)選手の第3試合ではstkenny選手に判断ミスがあり、Savage Roarで一気にヘルスを削り取られてしまいました

 試合動画は下記youtube動画で確認することができます。台湾のプレイスタイルをときどき覗いてみるのも新鮮でおもしろいのではないでしょうか。



0 件のコメント :

コメントを投稿