2014年6月13日金曜日

「GAMERS LEAGUE 2014 Season1 #1決勝トーナメントGroupA-H」優勝SleepyCat選手インタビュー

 6月8日に行われた国内オンライン大会「GAMERS LEAGUE 2014 Season1 #1決勝トーナメントGroupA-H」で優勝したSleepyCat選手のメールインタビューです。今大会で優勝したSleepyCat選手は8月24日に開催される「GAMERS LEAGUE 2014 Season1 プレーオフ」に進出します。


SleepyCat選手のTwitter@luna_shade
SleepyCat選手のブログLuna Side Base
SleepyCat選手の使用デッキ
Burst Shaman
Tempo Rogue
Murloc Warlock



大会について



……GAMERS LEAGUE 2014 Season1 #1 決勝トーナメントGroupA-H 優勝おめでとうございます。優勝した感想を聞かせてください。
 ありがとうございます。感想としてはプレイに自信がつきました。かといって急に強くなったわけでもなく、プレイミスが減るわけでもないので、慢心しないように気をつけないといけないのですが…。

……大会に臨む上でどのような準備をされましたか?(練習方法、デッキの調整など)
 練習はひたすらPlay Modeで、当たりたいデッキタイプに合わせてRankedかCasualかを選ぶ形でした。Casualはそこそこ立ち上がりの遅い感じのデッキがいるので、Murloc Warlockの仮想敵としては適してました。ちょっと優勢になるとConcedeされてしまうのですが…。
 デッキの役割を尖らせると当然環境に合わなくなったりするので、負けることは特に気にせず、自分がやるミスの把握やデッキの最低限の使い方や回り方を確認する程度ですね。
 RogueはHearthstoneを始めた頃から触っているデッキなので特に調整はしてませんが、Murloc Warlockはコピーしてきたデッキなので直前は集中的に回していました。

……大会で準備したデッキ(Shaman、Warlock、Rogue)について、選んだ理由とその構成について詳しく教えていただければ幸いです。
 ShamanはWindfuryなどを採用したバースト型ですが、予選会でプレイした感想として、相手に即死ラインを読ませづらいことが大会では効果的かと思ったので、そのまま使うことにして、予選と決勝の間の1週間でブラッシュアップしていきました。


写真:SleepyCat選手のShamanデッキ(Hearthpwnより)

 残りのデッキはShamanがControl系のデッキなので、バランスよく戦えるようにAggroとMidrangeで用意しようと思い、その上で対Aggro(主に想定したのはZoo Warlock)と対Control(特にWarrior、Miracle Rogue、Handlock)でそれぞれ強いと考えたTempo RogueとMurloc Warlockを使っています。
 MidrangeとしてはDruidもありかとは思ったのですが、使い慣れてなかったのとAggro対策としては微妙かと思ったので却下しました。

 Aggro枠は最初Shockadin(Aggro Paladin)を考えていたのですが、大会でよく見かけるであろうControl Warriorに対して相性がいまいち良くないこと、Aggroに求められるのは最悪の場合に爆発力で3タテすることだろうとか考えた結果、爆発力のあるMurloc Warlockを使うことにしました。

SleepyCat選手について


……SleepyCat選手がHearthstoneのプレイを始めたのは何がきっかけだったのでしょうか。簡単にご自身のゲーム暦を教えてください。
 もともと長期(1週間位かけてやる)人狼* のプレイヤーだったのですが、人狼の方の知り合いでボードゲーマーの方がプレイしていたツイートを見て興味を持ち、MacでできるF2P(基本プレイ無料)のゲームということでそのままハマりました。トレーディングカードゲームの経験はあまりなく、遊戯王の情報を暇つぶしに追っていた程度です。

 Shamanのデッキコンセプト(盤面をコントロールしながら隙を見てワンターンキル)は少し前の遊戯王っぽいのではないか、と自分では思っています。

*人狼:人狼側と村人側に分かれて争う心理ゲーム。村人側は村人に化けた人狼を見つけ出して処刑し、人狼側は村人を襲って全滅させることを狙う。海外ではマフィアと住民の戦いにゲームの世界観を置き換えたものも普及しており、「StarCraft II」といったゲームではユーザーがMafiaのカスタムマップを製作、海外では独自のコミュニティが生まれている。
参考記事(Wikipedia):汝は人狼なりや?

……ご自身のブログを拝見して、フィニッシュコンボやデッキの考察などが詳細に書かれていて驚きました。このような考察は、やはりHearthstoneの上達で大きな助けとなるのでしょうか?
 上達したいならひたすらプレイしてたほうがいいと思います。ブログはメンテ中とか、勝てなくて行き詰まった時とか、そういう時の気分転換という感じですね。レアなコンボを発見した時にメモ書きしておくとデッキ理解に役立つかも知れないですが…。

……普段Hearthstoneのプレイでよくチェックしているサイトやプレイヤーがあれば(国内・海外どちらでも)教えてください。
 (国内では)Hearthstone Dojo、 Hearthstone Read 2 Winあたりは読んでます。配信とかはほぼ見てないですね。後2chのスレがたまに参考になったりします。後はデッキ構築においてはいろいろ英語のガイドを読んだりフォーラムを見たり、という感じです。

……今後、Hearthstoneのプレイで目標などはありますか?(大会優勝、Ladderランク、イベント参加など)
 とりあえずLadderでレジェンドまでは行きたいですね。デッキの調整とかはPlay Modeでやるなら明らかにレジェンド環境でやるのがいいはずなので、早めに到達したいと思いつつなかなか進めてなくて大変です。

……どうもありがとうございました。

 Hearthstoneの練習というとRankedかフレンド対戦を行う方が多いと思うのですが、「Casualの立ち上がりの遅いデッキを相手にMurloc Warlockを練習した」というのが個人的に新鮮でした。また、SleepyCat選手は大会で大部分のプレイヤーと異なりMiracle RogueではなくTempo Rogueを使っていたのも印象的です。
 このインタビューのほか、SleepyCat選手はご自身のブログ記事で今大会の試合感想を述べられていますので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。
参考記事(Luna Side Base):Gamers League Season1 #1 GroupA-Hトーナメント優勝!

0 件のコメント :

コメントを投稿