2014年6月30日月曜日

6月14日に行なわれた国内オンライン大会「HEARTH NI JOIN #3」でk1persia選手が優勝、上位3選手のデッキリストとインタビューが公開

情報元(JOINGAME):HNJ#3 上位3名のビルド・インタビュー公開!

6月14日に行なわれたJOINGAME.NET主催の国内オンライン大会「HEARTH NI JOIN #3」で敗者側トーナメントから勝ち上がってきたk1persia選手が勝者側トーナメントのminatuki選手を2-0、2-1で下し、優勝しました。JOINGAME.NETがHearthstoneイベントを開催するのは4月26日の大会に続いて3回目となります。

大会結果(使用Hero)
優勝:k1persia選手(Warlock、Mage)
準優勝:minatuki選手(Hunter、Shaman)
3位:sodaigomi選手(Priest)
トーナメント表(CyAC)
 参加者全員にはゲーム大会サイト「CyAC」からクリアファイルセットが贈られます。

 試験的に「Epic・Legendaryカード使用不可能、ダブルイリミネーション・BO3(デッキ変更はプレイヤーの自由)」という形式を採用したこの大会は、当日8名の選手と共にCyACの大会支援ツールを使用する形で進行しました。
 参加した選手達は大会についてどのような感触を受けたのでしょうか。記事では上位3選手のデッキリストと、その大会形式に対するインタビューが公開されています。

CyACの大会支援ツール
 ところで大会支援ツールといえば海外サイトで、GAMERS LEAGUEなどの国内大会でもよく使われている「Challonge」が有名ですが、英語なので敷居が高いという難点がありました。その点、国内大会サイトのCyACなら、英語が苦手な方でもそれほど抵抗を感じずに大会を開催できるというわけです。

 何ができるのか、試しに除いてみたところ、Challongeで対応されているスイスドロー形式の開催はできないようですが、その代わり長期間に渡って対戦を行い、ランキングをつけていく「Ladder」システムといった珍しい機能が提供されています。日本でHearthstoneの大会を開催してみたいけど英語が苦手、という方はCyACのツールを使ってみてはいかがでしょうか。
ゲーム大会/コミュニティ CyAC

0 件のコメント :

コメントを投稿