2014年6月20日金曜日

6月21~22日20時に中国と東南アジアのトッププレイヤー計8名による対抗戦「Hearthstone Global Challenge: SEA vs. China」が開催

情報(写真転載)元:SEAのHearthstoneFacebook公式ページ
中国側情報元:【炉石传说】黄金世界杯挑战



 日本時間6月21日、22日20時から中国と東南アジア(SEA)のトッププレイヤー計8名による対抗戦「Hearthstone Global Challenge: SEA vs. China」が開催されます。
 配信も国別に用意されており、SEA側の配信はJason "Amaz" Chan氏によってSEA側のプレイヤー視点を中継する形で行われる予定です。
 一方中国側の配信は中国のe-sports配信サイト「Mars TV」の上海TVスタジオで行われ、Razer Mambaが観戦者に当たる企画も予定しているとのこと。

大会概要
日時:日本時間6月21~22日20時
試合方式:デッキ勝ち抜き方式のBO5
(BO5内ゲーム勝者は勝利デッキの使用を続け、敗者は別のデッキを選択する)
進行方式:1日につき2試合進行 2:2になった場合はBO1・デッキ選択自由のエースマッチを行う
賞金総額:6400ドル(約65万1700円 1ドル=101.8円)
賞金分配方式:各試合の勝者が1600ドルを獲得する
SEA側の配信サイト(Amaz氏のTwtichアカウント):AmazHS
中国側の大会公式・配信サイト:【炉石传说】黄金世界杯挑战

追記で出場選手の情報です。


出場選手
 中国側は「プロゲーマー8名、各大手メディア推薦選手16名、各都市のネットカフェ大会の優勝者8名」の合計32名によるBO5のダブルイリミネーショントーナメントを6月9日~11日に行い、上位4名の代表を決定しました。
中国国内予選トーナメント表(Challonge):CN vs SEA

 SEA側はBO5のスイスドロー形式の週間大会「Battle Stone」の「Week#8」を1次予選として使用。その上位32名による国内2次予選トーナメントを6月14日に行って4名の代表者を決定しました。
SEA国内予選トーナメント表(Challonge):SEA Final Qualifier
参考リンク(Battlestoneの公式サイト):Battlestone

 各選手のIDとランクはHearthstoneSEAのFacebookpageに掲載されていた下記画像を参照ください。



 所属選手リストを見ればわかるように、両選手間のランクに相当な差があります。
 この点について中国は中国サーバーで、SEAはアメリカサーバーでプレイしているのが原因であり、したがってこのランク差はそのまま選手の実力には結びつかないという意見も出ています。
 しかしHearthstoneのユーザー数はすでに中国が世界1となっていますから、もしかすると中国のレジェンダリー1位はアメリカサーバーの1位に匹敵、またはそれ以上の実力があるかもしれません。
参考記事(ChinaPress):ハースストーン:ユーザー数、収入とも中国が最大の市場となる(2014年5月15日の記事)

 なお、中国といえば先日の中国とEUの対抗戦「Hearth2P EU VS CN Masters」で中国側選手が0-4と惨敗したのが記憶に新しいですが、その代表選抜基準は曖昧で、「出場した選手は決してトッププレイヤーではない」と中国内から非難がありました。その選抜基準と試合結果に激怒した大手ニュースサイトのCEOは自身のフェラーリを提供して真に強い国内プレイヤーを探すことを決意しています。
Nemukejp内関連記事:Hearth2P EU VS CN MastersでEUが中国に4-0で勝利、結果に激怒した中国の大手ニュースサイト網易のCEOが100万のフェラーリを次回対抗戦勝利の報酬にすることを発表

 今回の中国側の出場選手はすべて中国サーバーレジェンダリーランク一桁のプレイヤーですから、正真正銘の中国のトッププレイヤーと言えるでしょう。
 また中国内の予選では運営が「デッキ情報が漏れないように配信は行わなかった」としており、今大会に向けた中国側の意気込みを感じさせます。
 中国のトッププレイヤーがどんな試合を見せてくれるのか。6月21日が楽しみでなりません。

0 件のコメント :

コメントを投稿