2014年6月28日土曜日

「ゲーマーズラウンジ #58」で行ったHearthstoneのBO3対戦会の順位と雑感

6月28日にWip代々木北口駅前店で開催された「ゲーマーズラウンジ #58」でHearthstoneのBO3対戦会を行ないました。ゲーマーズラウンジ主催者の松井さん及びスタッフの皆さん、会場で楽しいひと時を過ごさせていただき、どうもありがとうございました。
 以下、BO3対戦会の順位と雑感です。対戦会のルールなどはこちらを参照ください。
具体的な開催レポート、参加者ベスト3のインタビューとデッキリストなどは後日掲載できればと思います。

順位 登録名 使用Hero 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦※ 勝利点合計 残ヘルス合計
1 tyson Druid Rogue Paladin 2-0 2-0 2-1 1-0 12 111
2 yusa. Hunter Warlock Druid 2-0 2-0 2-0 0-1 9 134
3 NoaKuroda Warlock Mage Druid 2-0 0-2 2-0 6 65
4 luna/SleepyCat Shaman Rogue Hunter 2-0 2-0 0-2 6 57
5 nemuke Druid Shaman Mage 1-2 2-1 2-0 6 49
6 TigerGK Shaman Warrior Paladin 不戦勝 0-2 1-2 6 48
7 やよ@Aris Druid Warrior Paladin 0-2 2-0 1-2 3 69
8 Kissin Paladin Mage Hunter 0-2 不戦勝 2-1 3 60
9 0zero0 Priest Shaman Warrior 2-1 0-2 0-2 3 43
10 kojaxs Mage Warlock Druid 0-2 1-2 不戦勝 3 50
11 ゆうすけ Shaman Warrior Warlock 0-2 0-2 0-2 0 0

※3回戦終了時点でトップ2名が3-0で並んでいたため、順位決定戦として4回戦をBO1で行いました。

クラス使用率
Druid : 7
Shaman: 5
Paladin : 4
Mage: 4
Warrior : 4
Warlock : 3
Hunter : 3
Rogue: 2
Priest: 1

 11名の参加者の中で見事優勝に輝いたのはtysonさんでした! おめでとうございます!

 こういうオフラインの場所で会を仕切るのは初めての体験だったので、勉強になることが多くありました。今後(8月は台湾取材に行く予定なので、それが終わってからですが)可能なら地元の市民館などでHearthstone会を開ければおもしろそうだな、と思っています。
 それに向けたメモの意味も含め、以下、私の感想です。

大会について
・Druidは安定の使用率トップでした。一方でラダーで流行っているはずのRogueのプレイヤーが少ない。これはまだ慣れていない人が多いカジュアルなイベントだったというのがあるかもしれません。Miracleのような複雑な動きをするデッキを扱うには慣れが必要なので、数が少なかったのではないでしょうか。使用率2位のShamanもMinionを出して殴るという動きが強いHeroですから、初心者の方に比較的使いやすいHeroだと思います。
・参加者が奇数だとスイスドローは不戦勝が生まれてしまいます。今回は不戦勝者を最下位から選ぶ形にしていたのですが、最後の試合を対戦できなかった人には少し申し訳なかったです。
・スイスドローの集計に慣れておらず、思った以上に手間がかかりました。自分の試合が長引いているときはなおさらです。後半は進行を早くするため、自分の試合中にも集計シートの記録を行なっていました。結果自分の試合に入り込むのが難しくなってしまいましたから、「慣れていない勝ち点システムをなくして単純に勝敗数で記録する」といった手法でもう少し単純化できるかもしれませんね。
・残ヘルスをタイブレイカーに使うのは、意外と残ヘルスを覚えていないことも多く、確認する作業に手間がかかりました。かといってタイブレイカーが何もないと順位がつきませんから困ったものです。いっそのこと「タイブレイカーを無くして同率対戦の組み合わせはランダムで決める」というふうに順位を決めることに拘らないほうが楽かもしれません。順位がつかないとはいっても、全勝者1人が出て優勝は決まりますから。この場合順位は「優勝」「2-5位」「6-10位」「最下位」のような仕分けになりますね。

運営について
・参加者の皆さんは回線のパスワード入力に手間取っていた印象でした。A4サイズの用紙に会場無線LAN名とパスワードを書いておいたものの、紙が小さかったことと自分の字が下手だったことで確認にも一苦労でした。わかりやすくパスワードを表示するならゆるHearthstone会でやっていたような「大型ホワイトボードにパスワードを記載する」など、誰でもその場で確認できるようにするのがよさそうです。
・対戦会自体は盛り上がっていたようでよかったです。どうも皆さん会場の雰囲気に慣れるまでに1~2時間ぐらいかかっていたようなので、あまりに早い時期に対戦会を行なう必要はないかもしれません。
・優勝者インタビューはイベント参加の時間を潰さないように、と今回はメールでやることに決めましたが、生の空気のほうが話しやすいというのもありますから、じっくりその場で聞いてみてもよかったかもしれません。この辺は一長一短でしょうか。

最大の反省点
・イベント内部で何かやりたいことがあるときは必ず告知する前に主催者さんと相談するべき。
 実は今回、「主催者の方に連絡も相談もせず勝手に内部イベントを開催告知する」という非常識極まりないことをしでかしてしまいました。振り返ると告知した時点での自分はいろいろと焦っていたのだと思います。
 「主催者側が受け入れ体制などを確認できない」といった問題があるのはもちろんのこと、常識としても「人様のものを勝手に自分のもののように扱う」というのはやってはいけない行為です。今後絶対に行なわないようにします。
 重ねて、ゲーマーズラウンジ主催者の松井さん及びスタッフの皆さんに深くお詫び申し上げる次第です。このようなやり方をしてしまったのにもかかわらず、当日快くHearthstone会を迎えていただき、心より感謝を申し上げます。

0 件のコメント :

コメントを投稿