2014年7月7日月曜日

GAMERS LEAGUE Season1 #2 Day1でbarusa選手が全勝、計上位16名がDay2へ進出

 世界大会「Hearthstone World Championship」の切符を賭けた国内オンライン大会GAMERS LEAUGE Season 1 #2 Day1の試合が7月6日午後8時から行なわれ、スイスドロー・BO3の大会においてbarusa選手が6-0という結果を残し、64名の参加選手の中から計上位16名が7月13日に開催されるDay2へ進出しました。

トーナメント表(Challonge)
上位16名の順位
順位 選手名 スコア タイブレークスコア
barusa選手 6-0 13.0
papulico選手 5-1 19.0
mattun選手 5-1 15.0
asuma選手 5-1 15.0
livena選手 5-1 14.0
WinterOrz選手 4-2 15.0
yottiy4選手 4-2 15.0
TraceOn選手 4-2 15.0
9 nacanoob選手 4-2 13.0
10 Nyanpasu選手 4-2 13.0
11 hanabi選手 4-2 13.0
12 evitomato選手 4-2 12.0
13 mathuritan選手 4-2 12.0
14 Tansoku選手 4-2 12.0
15 coco選手 4-2 11.5
16 jhovall選手 4-2 11.0


 追記でレポートです。



 今回のトーナメント表は試合日の午前9時に発表され、欠席者を防ぐために午後7時までにGAMERS LEAGUEのサイト上で参加表明を行なう旨が伝えられました。
参考記事:Season1 #2 D1 対戦表公開のお知らせ


 当日午後7時半には欠席者を反映してトーナメント表が作り直され、午後8時には試合開始となりました。
 トーナメントで私が使用したのはMiracle RogueとMidrange Druidという2つのデッキで、どちらもサイトにあったガイドを参考にしたものです。
参考記事
25 Legend Ultimate Miracle Rogue Guide!
Savage Roar Ramp Druid
一応流行りのデッキらしいから、ということでがんばってみましたが次のような結果に。

試合 対戦相手 スコア
第1試合 TerawakuJP選手 2-1
第2試合 papulico選手 0-2
第3試合 ziss選手 2-0
第4試合 cilantro選手 0-2
第5試合 yusa選手 0-2
第6試合 kyouno選手 2-0
最終成績:3-3(25位)

 やはりデッキに慣れておらず、最善の選択が毎ターンできなかったのが結果に出てしまったという感じでしょうか。
 大会は午後8時から始まりましたが、スイスドロー6回戦ということで、すべての試合が終わったのは午前0時を過ぎていました。
 スイスドローは試合の勝敗を考慮して次の対戦を組む形式なので、選手全員の試合が終わるまで次の対戦が組めないというのがあります。たとえば、62名31組の試合が30分で終わったとしても、最後の1組が1時間かかっていれば、その間ほかの選手は次の対戦を始められないのです。スイスドローは比較的運で決まりにくい形式ですが、時間がかかってしまうのが欠点でしょうか(それでもリーグ戦を64名分やるよりははるかに早いのですが)。

 GAMERS LEAUGE Season 1 #2 Day2は7月13日午後8時からの開催となります。

0 件のコメント :

コメントを投稿