2014年7月14日月曜日

名プレイシーン集「Hearthstone Top 5 Plays of the Week Episode 28」が公開

 名プレイシーン集「Hearthstone Top 5 Plays of the Week Episode 28」が第28週が7月12日に公開されています。



5.
 Warsong Commanderを利用したコンボ。Bloodsail RaiderはBattleCryを受ける前は2/3なので7/3 Chargeとなり、Dread Corsairは0マナ3/3 Chargeになるので手札に戻すYouthful Brewmasterと合わせれば連続攻撃が可能です。こうしてみるとWarriorはPirateと相性のいいカードが多いですね。

4.
 Cairne BloodhoofHunter's MarkをSilenceして4/5に戻し、Explosive Trapのダメージ圏内から外し、Savage Roarで決めた場面。ヘルスを変更するカードの対策にSilenceが使える、というのはCrazed Alchemistのトリビアも含め覚えておくとよさそうです。

3.
 Rockbiter Weapon×2とWindfuryを使って8/1 Charge WindfuryとしたSouthsea DeckhandFaceless Manipulatorでコピーして一気に32点ダメージを叩き出したプレイ。Leeroy JenkinsPower OverwhelmingをかけてコピーするHandlockの20点コンボを思い出しますが、こちらのほうが使用カードが多いだけに強烈ですね。

2.
 Millhouse Manastormの悲劇。このほか相手の手札にArchmage AntonidasとSpellが1枚あったらゲームが終わるということもありますし、出すタイミングには最終の注意を払わなければいけないですね…。

1.
 Fatigueダメージはターンを跨ぐのでIce Blockで無効化できない、というシステムを利用したテクニック。次のターンにPyroblastで止めを刺されてしまう状態で、場には攻撃を受けるたびにカードをドローするAcolyte of Painが。相手に思う存分ドローさせるというのもFreeze Mageの強力な対策になるかもしれませんね。

 こうした名シーン集を見ておくと状況別の最善の行動を学べるので上達にもプラスになるのではないでしょうか。

0 件のコメント :

コメントを投稿