2014年7月10日木曜日

世界大会「IEM Season9-Shenzhen」Hearthstone部門の詳細が発表、賞金総額は1万ドル(約101万円)

情報元(IEM):$10,000 Hearthstone? Tournament Takes Place at IEM 9

 7月16日~20日に中国・深センで開催される世界大会「IEM Season9-Shenzhen」Hearthstone部門の詳細が発表されました。日本からは予選を勝ち抜いたtyson選手が出場します。

日程
Hearthstone部門日程:7月16日~18日
賞金
賞金総額:1万ドル(約101万円)
優勝:4000ドル(約40万円)
準優勝:2000ドル(約20万円)
3-4位:1000ドル(約10万円)
5-8位:500ドル(約5万円)
試合形式
一般ルール:各プレイヤーは4つのデッキを大会に準備する
出場プレイヤー:有名選手とアジアの招待・予選通過プレイヤーを含む16名
ラウンド1:BO3、1グループ4名計4グループのデュアルトーナメント形式、上位2名がラウンド2に進出
※デュアルトーナメント形式:4プレイヤーによるダブルイリミネーショントーナメント形式のこと。時間が早く終わり、かつ消化試合が発生しないことからStarCraft IIの韓国大会のグループステージなどでよく使われている。
参考(Liquidpedia):Dual tournament format
ラウンド2:BO5(決勝戦を含む)、シングルイリミネーショントーナメント
配信:IEM公式サイトでESLTV(キャスターDan "Frodan" Chou氏)によって行なわれる

ラウンド1進行形式
1.両プレイヤーは用意した4つのデッキの中から3つのデッキを選択して審判に見せる。
2.審判が選ばれたHeroを両プレイヤーに見せる。
3.両プレイヤーは審判にキック(使用禁止)する相手のHeroを告げる。キックされたHeroは両プレイヤーに知らされる。
4.両プレイヤーは最初のゲームに使うデッキを選択する。BO3内における各ゲームの勝者は同じデッキを、敗者は未使用のデッキを次のゲームに選択する。
5.片方のプレイヤーが2勝を挙げた時点で試合が終了する。

ラウンド2進行形式
・トーナメントでは各グループ1位のプレイヤーがグループ2位のプレイヤーと対戦するよう配置される。同じグループのプレイヤー同士はトーナメントの反対側に配置され、決勝まで当たることはない。
1.両プレイヤーは選択した4Heroを相手に見せる。
2.両プレイヤーは審判にキックする相手のHeroを告げる。キックされたHeroは両プレイヤーに知らされる。両プレイヤーは残りの3デッキを試合で使用する。
3.両プレイヤーは最初のゲームに使うデッキを選択する。BO5内における各ゲームの勝者は同じデッキを、敗者は未使用のデッキを次のゲームに選択する。
4.片方のプレイヤーが3勝を挙げた時点で試合が終了する。

 ルールでは「事前に4デッキを用意してそこから相手のデッキをキックする」というシステムがやや珍しいですね。これを利用して、たとえば「Miracle Rogueに弱いデッキで固め、対戦相手のRogueをすべてキックする」といった戦術も可能になります。となると、デッキの相性関係も大きく塗り替えられることになるでしょうから、デッキの調整に細心の注意が必要になりそうです。

0 件のコメント :

コメントを投稿