2014年7月5日土曜日

JCG HSが国際大会「IEM Season9-Shenzhen」Hearthstone部門のオンライン日本予選を7月8日に開催、出場選手を募集中 本戦の参加費は自己負担で約10万円か

情報元(JCG):緊急開催:Road to Masters For IEM
 国内大会運営団体JCG HSは「Intel Exreme Masters(IEM)Season9-Shenzhen」Hearthstone部門のオンライン日本予選「IEM出場決定戦」を7月8日に行なうことを発表しました。

※7月6日更新
航空券と現地宿泊費がIEM側によって負担されることが発表されました。

以下の記事は更新前の内容となります。

Intel Extreme Masters Season9-Shenzhen

IEMは世界各国で開催されるe-sportsの国際大会。歴史は8年前にさかのぼり、。2006年8月25日にCounter-Strikeで初めての試合が行なわれて以来8年間、競技タイトルを変えながら世界最高峰の大会の1つとして君臨してきました。その第9シーズンとなるIEM Season9-Shenzhenは中国・深セン市で7月16日~21日に漫画・アニメの祭典「Shenzhen Cartoon and Animation Festival」内で開催される予定です。

参考リンク
Legacy(IEM公式サイト)
Shenzhen Cartoon and Animation Festival公式サイト

 公式サイトには7月5日現在、Hearthstoneの競技カテゴリがありません。JCG HS告知ページ内にも「急遽Hearthstoneが大会が開催されることになった」とあることから、急遽Hearthstoneを競技タイトルに採用することが決まったのでしょう。
 メイン競技タイトルであるLeague of LegendとStarCraft IIには中国・台湾・韓国といったアジアと欧米の有名選手が含まれていますが、Hearthstoneの出場選手は不明です。なお、日本からはStarCraft IIのプレイヤーとしてVaisravana選手もIEM Season9-Shenzhenに参加します。
参考記事(JCG SC2):IEM Shenzhen(China) 出場決定戦結果

IEM出場決定戦概要
IEM本選日程:7月16日~21日
IEM出場決定戦日程:7月8日(火)午後8時開始
参加登録締め切り:7月7日(月)午後6時まで
サーバー:アメリカ
試合方式:BO5・デッキ勝ち抜き方式の1Dayトーナメント
参加登録申し込み方法:氏名やパスポート番号、予選使用デッキ3つのスクリーンショット等の情報を添えてJCS HSにメールを送信

IEM出場決定戦参加資格(告知ページより転載)
・ 日本国籍を有するもの。
・ 2014年7月16日の時点で16歳以上であること
   (※18歳未満の方は保護者の同意書が必要となります。)。
・ 日本代表としての自覚と一般的なマナーを有するもの。
・ 正々堂々としたゲームマナーを有するもの。
・ 2015年12月末日まで有効なパスポートを所持しているもの。
・ 7月15日中国にて現地集合できる方。
・ 2014年7月15日~7月21日まで中国に滞在できること。
※全ての交通費とシンセンでの宿泊代、諸経費などは全て自己負担となります。
※社会人の方は本選出場に際し、会社の承認を求める場合があります。
※賞金や賞品を獲得した場合、全て選手本人に帰属します。





IEMの参加にはどのぐらいの費用がかかるのか

さて、諸費用が自己負担かつ急な開催で準備期間が少ないのがネックではありますが、それを考えても国際大会のIEMに出場できるというのは魅力的な機会です。

 では、果たしてその参加には合計でどのぐらいかかるのでしょうか。総合旅行情報サイト「トラベルコちゃん」で羽田空港から深センの宝安国際空港7月15日~21日の格安航空券の最安値を調べてみたところ、ソウル/仁川国際空港経由で合計7万2330円でした。
 大会との連絡で細かいスケジュールは前後すると思いますが、航空費は約7万2000円と考えてよさそうです。

フライト情報(イーナ)アシアナ航空 東京国際空港(羽田空港)発深セン(シンセン)行き航空券
往路:7月15日(火) 午前9時羽田空港発
 →7月15日(火) 午後5時30分宝安国際空港着(ソウル/仁川国際空港経由)
復路:7月21日(月) 午前9時40分宝安国際空港発
 →7月21日(月) 午後23時羽田空港着(ソウル/仁川国際空港経由)
合計7万2330円(燃油代・諸費用込み)

 次はホテル代です。IEM Season9-Shenzhenが内部で開かれるShenzhen Cartoon and Animation Festivalの開催場所は、深セン市の商業エリア福田区に位置する大型イベントホール「深圳会展中心」の1号館となっています。
公式サイト:深圳会展中心官方网站


 世界のホテル予約サイト「アゴダ」を使って調べてみたところ、「ベステイ ホテル エクスプレス シェンジェン フチアーン ブランチ」が会場徒歩5~10分と思われる距離で「シングル・1泊1941円」となっていました。したがってホテル代は6日間で約1万2000円と見積もることができそうです。
 なお、シングルに拘らなければ「男性専用の4人部屋・1泊987円」の「シェンヅェン ジラフ ユース ホステル フーティアン ポート ブランチ」というのもあります。

負担は大きいものの、貴重な経験の機会
 航空費7万2000円とホテル代1万円2000円で合計8万4000円。その他食費や交通費等の費用を考えると、IEMへの参加には約10万円が必要になるでしょうか。
 JCG HSによるとその本戦日程は「7月15日に中国・深センで現地集合」となっていますから、出場者は中国・深センまでの旅程をすべて自分で計画し、安全面などのリスク管理も行なわなければなりません。
 しかし、こうした負担を考えても、IEMという世界的に名高いe-sportsの国際大会に参加できるチャンスは滅多にありません。自分で計画するのは大変ではありますが、やり遂げれば大きな自信につながります。そして、現地では試合以外に他国の選手と国際交流することができ、このような経験は将来あらゆる面できっとプラスになるはずです。

 国際大会を経験してみたい、という国内Hearthstoneプレイヤーの皆さんは思い切ってIEM出場決定戦に参加してみてはいかがでしょうか。
 IEM出場決定戦参加登録の締め切りは7月7日(月)午後6時までとなっています。

0 件のコメント :

コメントを投稿