2014年8月12日火曜日

「WCS本戦で台湾人選手の活躍が見られるのが楽しみだ」 台湾人気実況配信者 葉白氏インタビュー

 台湾Blizzardは7月31日~8月4日、台北市のPC見本市「台北電腦應用展」に巨大なブースを出展しました。
 そこで行なわれた「World Championship(WCS)台湾地区最終予選」などの各種Hearthstoneイベントで実況解説を担当したのが葉白(イエバイ)氏です。
 葉白氏は自宅でフリーランスライターの仕事をする傍ら、アメリカに留学しているガールフレンドの藍西(ランシー)氏と共に日々Hearthstoneの実況配信を行い、多いときは1000人以上の視聴者を獲得しています。
葉白氏のTwitchアカウント:YeBai0813
Facebookページ:葉白的Hearthstone爐石戰妓


葉白氏

 そんな葉白氏が思う実況解説のおもしろさとは何でしょうか。また、解説を担当したWCS台湾地区最終予選の感想とは。以下、葉白氏のインタビュー内容です。


……インタビューを快諾いただきありがとうございます。まずはご自身のゲーム暦を教えてください。

 Hearthstoneのプレイは去年の10月頃に始めました。今までにもWorld of Warcraft、WarCraft III、Diablo IIといったBlizzardゲームを多くプレイしていましたね。
 Blizzardゲームは品質がすばらしく、また作風も私たち台湾人の個性に合っていると思います。


人気実況配信者の小銘氏(左)と共に会場で試合の実況解説を行なう葉白氏(右)

……配信について、アメリカ在住の藍西氏と一緒に行なう際に時差などの問題はなかったのでしょうか。
 藍西がアメリカにいるため、最初は時差の関係で毎日午前2時から配信していました。ただ、「深夜から始まった配信が3~4時間続く」というのはかなり大変でしたね。それが毎日ですから…。(生活リズムも崩れてしまうので)お互いに話し合って少しずつ時間を合わせていき、今では「週5回・午前9時開始」というスケジュールになりました。
 最初こそ視聴者は少なかったのですが、続けていくうちに視聴者が増えていきました。やはり積み重ねですね。

……「週5回」というのはまさにお仕事のようですね。本業に影響はなかったのでしょうか?
 今は自宅でフリーランスのライターをしていますので、時間には割と融通が利くんです。今の生活リズムは「朝起きて配信し、配信が終わってから仕事に取りかかる」という感じですね。

……西氏と共に配信を始めたきっかけは何だったのでしょうか?
 西と共に配信を始めたきっかけはアクシデントだったんです。彼女と通話しながら(彼女も自分のゲームプレイを見るのが好きだったので)配信するときは他の人に見られないようロックしていたんですが、あるときロックを忘れて配信してしまって、それで2人の会話が暴露されたことがありました。
 ただそれをきっかけに西も視聴者と話すのがおもしろいことに気付いたので、以来2人で配信するようにしています。

……葉白氏が思う実況配信のおもしろさとはなんでしょうか?
 観客とのコミュニケーションですね。テレビと違い、観客は何か疑問に思ったことがあれば配信者に聞くことができ、配信者もそれに対して反応を返すことができます。こうしたやり取りによって私は自分のプレイミスを発見できますし、見ている側も配信者のリアクションを楽しめる。これが実況配信のおもしろさだと思います。


視聴者とコミュニケーションしながら配信を行なう葉白氏(Twitchの配信録画より)

……今回の試合結果について、どのような印象を持っていらっしゃいますか?
 正直、試合でプレイした選手達の実力には驚かされました。彼らの実力は私の想像を遥かに超えていたからです。デッキ構成も今の主流にあったものですし、「負けた後にどのデッキを相手に当てていくか」という選択も理に適ったものでした。

 特に今回WCS本戦出場権を獲得したtom60229選手とFrozenIce選手はすばらしかったですね。彼らの試合ぶりを見て、「2人のうち片方が今日の試合で優勝するだろう」という思いがありました。


FrozenIce選手(画面上)と威傅選手(画面下)の試合を解説する葉白氏(左下)

……ということは、台湾人選手の実力はほかの選手達と比較しても劣っていない?
 はい。というよりも、今まで世界中の選手が1箇所に集まって対戦する機会がありませんでした。WCS本戦で彼らの実力が世界にどこまで通用するのかとても楽しみですし、そこで台湾人選手が優勝する可能性も十分にあると思います。

……本日はどうもありがとうございました。

 葉白氏にインタビューを行なったのは台北電腦應用站の会場内だったのですが、連日Hearthstone関連イベントで忙しく動き回られていて、次々と自身の役割をこなしている印象でした。
 WCS本戦は世界中の選手が一堂に会する初めての機会ということで、そこで台湾人選手がどんな活躍を見せるのか、楽しみであります。


Blizzardブース内のHearthstoneイベントスケジュール 8月1日を除いて連続Hearthstoneイベントがあり、そのほぼすべての解説役を葉白氏が担当した

 また、葉白氏は今後8月16日に台北市のシアターで開催され、Amaz選手などを含む招待選手16人が参加する「鉄人盃(Ironman Cup)」においても解説を担当する予定です。
参考記事(鉄人論壇):《IFN》Amaz確定參賽!鉄人盃《爐石戰記》選手、賽制更新資訊

0 件のコメント :

コメントを投稿