2014年9月27日土曜日

Harvest GolemにExecute、Feral SpiritにShield Slam…。観客を驚かせたMr.Yagut選手のプレイ

この状況であなたならどうプレイしますか?

 スウェーデンで進行しているHearthstone World ChampionshipのEU地区最終予選ですが、決断力あるプレイで観客を驚かせるプレイヤーが登場しました。ドイツ人で現在20歳(*)のTugay "Mr.Yagut" Nasve選手です。
(*)Mr.Yagut選手も含まれているEU地区最終予選出場者インタビューより(英語):Blizzcon EU Phase 2 Interviews: Part Three/Liquidhearth

 上記の盤面、あなたならどうプレイするでしょうか。相手のHarvest Golemは倒されても2/1で復活するしつこいMinioinですが、アタックが2点しかない放置してもそれほどダメージは受けません。「ここはUnstable Ghoulを置いてターン終了でしょうね」とキャスターのSavjz氏。

 ところが、Mr.Yagut選手が取ったのは全く予想外の行動でした。

 予想外の行動に唖然とするキャスター陣。「これは…Fire Elementalなど、Executeを残しておくべきMinionはほかにもいるはずなのですが」

 返しのターンで対戦相手のCupcake選手はFeral Spiritを使い、2体のTaunt持ちSpirit Wolfで場を固めます。


立ち塞がる2体のSpirit Wolf

この時点でMr.Yagut選手の手札には2枚のShield Slamがあり、Hero PowerのArmor Up!と合わせて使えば3点ダメージ。合計4マナで2体のSpirit Wolfを掃除することができます。しかし、Shield SlamはWarriorにとっては貴重な1マナ単体除去。1枚のカードで2体出現するSpirit Wolfに2枚使えば手札も損します。「まさかやらないだろう」と誰もが思うところでした。…が、Mr.Yagut選手はそのまさかを実行しました!


 「Warriorとは思えないスーパーアグロプレイだ」とキャスターのArtosis氏。

 これはプレイミスだったのか? しかし、その後の展開ではExecuteShield Slamも必要な場面はやってきませんでした。

 これにはWarriorにはBrawlなどほかにも除去として機能するカードがあること、またShamanの大型MinionであるFire ElementalAl'Akir the Windlordは両方ともヘルスが5点とそこまで高くなく、3点ダメージやChargeとDivine Shieldで出した直後に効果を発揮することから、返しのターンで除去してもあまり美味しくないというのがあります。

 それ以上に怖いのはFeral Spiritなどで盤面を制圧され、序盤に取り返せない差を作られてしまうことでしょう。今回のゲームも序盤に相手のHaunted CreeperDefender of Argusの組み合わせで盤面を制圧されていました。もし序盤のHarvest GolemSpirit Wolfを除去していなかったとしたら、合計6点のダメージが追加されていたため、あっという間にヘルスがなくなっていたことでしょう。

 「序盤を凌げば有利」というControl Warriorの理論に忠実なプレイを行なったMr.Yagut選手はYseraAlexstraszaなどの大型Minionを次々と展開していき、Cupcake選手のShamanを打ち倒したのでした。

Shaman対Handlock

 最終戦のShaman対Handlockの場面から印象的なプレイをもう1つ。盤面を展開していてかつ手札にFlametongue Totemがあるので、ぱっと見て「Flametongue Totemと2体のMinionをMountain Giantと交換すること」が思いつきますが、Mr.Yagut選手は選んだのは最速で勝ちに行く方法でした。

 
Flametongue Totemを出して、全員で攻撃!

 手札情報を見ればたしかに勝率の高い方法です。これで相手のヘルスは残り8点となり、Shamanの手札にはTauntを無視するEarth Shock2枚に加えて相手に直接ダメージを与えられるFire ElementalLightning Boltがありますから、大量のTauntが出てきたとしてもEarth Shock2枚で、またHellfireで盤面が一掃されたとしてもダメージカードで止めを刺すことができます(Shadowflameで除去された場合のみ倒すことができない)。Cupcake選手は返しのターンでTauntを大量に並べましたが、Earth Shock2枚には敵いませんでした。

こうした「予想の斜め上を行くプレイ」が見られるのがHearthstone観戦のおもしろさですね。

EU地区最終予選の最終日は本日20時45分(日本時間)から開始される予定ですが、そこでどんなプレイが見られるのか楽しみです。

Mr.Yagut選手対Cupcake選手の試合録画: Cupcake vs. Mr.Yagut — Blizzcon EU Regionals / Group C/HSDREAM
トーナメント表:BlizzCon World Championships - Europe Qualifier Phase 2/Liquidpedia

0 件のコメント :

コメントを投稿