2014年9月1日月曜日

毎週金曜日に開催されるゲームイベントに、Hearthstoneで参加! 8月29日「代々木ゲームルーム」参加レポート

 8月29日、毎週金曜日にWip代々木北口駅前店で開催されるゲームイベント「代々木ゲームルーム」にHearthstoneのプレイヤーを誘って参加しました。
 以下、当日の写真付きレポートをお届けします。


Hearthstone対戦の様子

「代々木ゲームルーム」参加レポート 目次


代々木ゲームルームとは
Hearthstone対戦会
別ゲームとの交流
ゲーム好きのためのイベント



代々木ゲームルームとは


 代々木ゲームルームは毎週金曜日午後7時~11時にWip代々木北口駅前店で開催されている「ゲームを持ち寄って遊ぼう」という主旨のゲームイベント。参加登録などが必要なく、誰でも仕事帰りにフラっときてゲームの輪に加われるのが特徴です。
 2012年5月にWip代々木北口駅前店で始まったこのイベントには2年以上の歴史があり、中には2年前からずっと参加し続けているという常連さんもいます。今年6月14日には2周年記念イベントも開催されました。
 主催者はゲームライターとして活動されている田下 広夢さん。主にAll Aboutゲーム業界ニュースを連載されています。

公式サイト:ゲームルーム
田下広夢さんのブログ:田下広夢の記事にはできない。


ゲームルーム内に用意された「経験値カード」 参加するたびにスタンプが押され、レベルアップするごとに特典がもらえる


ゲームルーム常連のfei.sさんの名札 金色に輝くネームプレートはゲームルーム1周年記念イベント参加時の賞品だという



会場では午後8時から任天堂のインターネットプロモーション番組「Nintendo 3DS Direct」の生放送がプロジェクタに映された


会場は主にボードゲームで盛り上がっているようだった こちらはパーティーゲームのボックスのようだ


Wip代々木北口駅前店イベントスペースには普段は卓球台が置いてある ゲームルームではそれを片付けてゲーム空間へと変貌させていた


Hearthstone対戦会


 当日のゲームルームは54名で、そのうちHearthstoneのプレイヤーは10名ほど。Hearthstoneのプレイヤーさんはボードゲームなども好きな人が多いかなという気はしていたのですが、約10名も集まるとは思っていませんでした。
 次第に「せっかくだから大会やりませんか」との声が上がり、即席でBO3のシングルイリミネーショントーナメント(Hearthstone対戦会)を開催することになりました。


トーナメント表(3位決定戦は行なわなかった)

 対戦会参加者10名の頂点に立ったのはやよさんです。印象的なのは対戦会中全勝だったというShamanのデッキ。2枚のAncestral Spiritと1枚のReincarnate、そしてDeathrattleの効果を倍増するBaron Rivendareが入っているのが特徴で、「Earth Elementalなどの重いMinionにAncestral Spiritで破壊耐性をつける」「Leeroy JenkinsReincarnateで再生して連続攻撃する」などのコンボを狙うことができます。

トーナメント結果
優勝:やよ
準優勝:Livena
3-4位:yusaのあ
※3位決定戦は行ないませんでした


やよさんのデッキリスト


国内オンライン大会「GAMERS LEAGUE」運営者のadobeeさん(左)。大会の運営から何までお1人でこなされているとか





対戦会進行の様子


情報サイト「Hearthstone Read 2 Win」管理人のKissinnさんも真剣にプレイ

別ゲームとの交流


 対戦会終了後は各自カードゲーム「Magic: The Gathering」や会場内に用意されていた「Wii Uのゲーム」や「人狼」など、Hearthstone以外のゲームを体験して盛り上がっていた印象です。これも「今から対戦を始めるのですがやってみませんか?」と、ゲームルーム常連の皆さんが未経験者を暖かく迎え入れてくれたおかげでしょう。

 逆にHearthstoneに興味を持ってくれた別ゲームのプレイヤーさんもいたので、こちらからお誘いしてHearthstoneを体験していただきました。具体的には「初めての方同士で対戦していただき、その間経験者が側についてマナクリスタルやMinionの効果といったシステムを解説する」という内容です。
 Hearthstoneは説明がすべて英語になっているのがネックなのですが、ルール自体はとてもシンプルなので、教える人がいれば初めての方でもすぐゲームに馴染めるようでした。

 「レクチャーをゆっくり聞きながらプレイできる」というのもHearthstoneのようなターン制のゲームの良さですね。これが高速なアクションゲームになると、体験する人がレクチャーを聞きながらプレイするのも難しいですから。



Wii Uのゲームに混じって対戦するプレイヤーさん


Magic: The Gatheringをプレイし始めるHearthstoneプレイヤーたち。「実物のカードがあるっていいね」という声が上がっていた



会場でHearthstoneに興味を持ってくれた方々にプレイ方法を解説している場面

ゲーム好きのためのイベント


 以上、ゲームルームの参加レポートでした。ゲームに触れていると時間が経つのが本当にあっという間ですね。参加者の皆さんは進んで自分たちのやっているゲームを紹介してくれ、「純粋にゲームが好きな人たちが集まっているイベントだ」という印象を受けました。

レポートを読んでこちらのイベントに興味を持たれた方はぜひ、来週の金曜日にWip代々木北口駅前店まで足を運んでみてはいかがでしょうか。
 会場には魅力的なゲームがたくさんあり、とてもイベントの4時間では遊び切れなかったので、私も時間があるときにまたお邪魔して遊びたいと思っています。

公式サイト:ゲームルーム

 初参加にもかかわらず「タブレット・ノートPCを持ち込んでHearthstoneをやりたい!」という要望を快く受け入れていただいた主催の田下さん、暖かい言葉で別のゲームにも参加しやすい雰囲気を作っていただいた参加者の皆さん、どうもありがとうございました。

0 件のコメント :

コメントを投稿