2014年10月18日土曜日

RDU選手自身によるViagame House Cupのデッキ選択理由解説

Viagame House Cupにおいて、3人の著名選手(Ek0p選手、RDU選手、Amaz選手)が自身のデッキリストを解説している動画が配信チャンネルにアップされていました。その中からRDU選手の解説を以下に掲載します。
※私nemukeが聴き取れた範囲ですので、元動画の解説とニュアンス等に違いがある場合があります。ご了承ください。
※この解説は大会終了後の10月16日に公開されたものです

RDU選手のTwitter:@RduHearthstone


Rdu選手のデッキリスト(GosuGamers.netより)




Rdu選手自身によるデッキ解説動画
やあみんな、ぼくはRDU。Viagame House Cupにきているよ。これからぼくのデッキチョイスを解説しようと思う。

Roar Druid

Druidデッキから始めよう。これはEU Qualifierで使われたとてもスタンダードなKolento Druidデッキだ。

このデッキを選択したのはとても安定していて、HunterとWarlockにしか負けないからだ。大会ではHunterをBanしてWarlockを倒してしまえば、このデッキが止められることはない。

Midrange Hunter


次はぼくのバージョンのHunterだ。ラダーで一番多く使っていて、あらゆるデッキを倒せる可能性がある。

カードについていえば、Trackingはあまり使っている人を見ないけど、ぼくはラダーでも大会でも1枚入れるのがいいと思う。「特定のコンボがほしい」という状況でパーツを揃えるのに貢献してくれる。

Ironbeak Owlも1枚入れてる。入れなかったり、2枚入れたりする人もいるけど、1枚挿しだと絶対に手札で腐らないからぼくは1枚入れるのが好き

また、Sludge BelcherSnake Trapのコンボも効果的でいい。

最近はFreezing Trapを1枚入れている。というのももしSnake Trapしか入れてなかった場合、大会で相手にばれたら相手がFreezing Trapを警戒しなくてよくなるからだ。2種類入っていれば相手には何があるかわからない。

Freeze Mage

このMageはTeam CoastのImpact選手が使ったものだ。NESL King of the Hillで誰も止められない強さを発揮してた。Hunterが出てくるまでは…というのがぼくの聞いた話なんだけど、このMageは今の環境でベストなFreeze Mageだと思う。

とてもおかしな強さだ。DruidやWarriorには負けるけど…。ぼくはFreeze MageでDream Hack Summerを勝ったからFreeze Mageがすごく気に入ってる。

Aggro Paladin


Paladinデッキ…これはぼくのオリジナルだ。World Cyber Arenaで中国人選手に負けた後、ぼくは「うーん、Aggroも悪くないかもしれない」「Control Paladinだと思っている皆をAggro Paladinで驚かせるのはどうだろう?」と思うようになった。

ぼくが思うに、Paladinはつねに、最後の選択肢になったときに使うクラスだと思う。ぼくはこのデッキを準決勝か決勝で使うつもりだった。(プレイオフ1回戦で対戦した)Forsen選手とはこのデッキで練習していたからばれてたけど。

カードについて言えば、Nerubian EggDark Iron Dwarfのコンボがお気に入りだ。また、Blessing of Mightは強化版Power Overwhelmingだと思っている。

これは弱いバージョンのZooデッキだけど、相手が想定していなかったらうまく機能してくれるはずだ。

Control Priest

続いてPriestのデッキ。これはぼくがWolrd Cyber Arenaで使ったPriestのデッキと同じで、たぶんあの大会で使った中で最高のPriestデッキだと思う。ひじょうに安定していて、Aggroでも何とでも戦える。

Malygos Rogue


これはForsen選手が使ってたデッキだ。ぼくらは一緒に練習してたから同じデッキを使ってる。Forsen選手がRougeを使おうと思い立って、ぼくはFreeze Mageを見せた。で、Forsen選手はPaladinを使いたくなかったみたい。なんでかはわからないけど。(訳注:意味がよくつかめなかったのですが、この部分の話はForsen選手対RDU選手のGame2でRogue対Mageになった関係の話だと思います)

これは使っていて楽しいMalygosを入れたRogueになってる。Violet Teacherを入れた形が流行っていて、AggroにもControlにも強いけど、ぼくはあまり好きな形じゃない。

Midrange Shaman

World Cyber Arenaで優勝したLibo選手のひじょうに安定したスタンダードなShamanをベースにしてる。

Libo選手のデッキとの違いはSylvanas Windrunnerを入れていないこと。Sylvanas WindrunnerはShamanのデッキとほとんどシナジーがない(あるとしてもDefender of Argus程度だろう)からできるだけ入れたくないカードだ。

代わりに入れたのはThe Black Knight。基本的な価値の高い優秀なカードだ。

Zoo Warlock

ぼくは今回Zoo Warlockを使うことにした。みんなHandlockを予想して、Zoo Warlockへの警戒が薄れていると思ったから。

同時にぼくはZoo Warlockの早いテンポで展開していくスタイルのプレイが好きだったし、World Cyber Arenaで見せたようにZoo Warlockはメタのトップにいると思ってた。

Control Warrior

最後にControl Warrior。これもWorld Cyber Arenaでぼくが使ったデッキと同じだ。

ぼくからのデッキ解説は以上。みんなが喜んでくれるとうれしいな。

デッキリスト画像転載元

All decklists and class stats from Viagame's House Cup/GosuGamer.net

0 件のコメント :

コメントを投稿