2014年11月26日水曜日

Goblins vs Gnomes:50%の確率で暴発するオーガ・ニンジャとデューンモール・シャーマンが発表

 Hearhstoneの公式サイトでGoblins vs Gnomesの新カードが公開されました。



Ogre Ninja:5マナ 6/6 ステルス Rogue
 効果:このミニオンは50%の確率で対象とは異なる敵を攻撃する。

Dunemaul Shaman4マナ 5/4 ウインドフューリー オーバーロード:1 Shaman
 効果:このミニオンは50%の確率で対象とは異なる敵を攻撃する。

考察

 どちらも「50%の確率で対象とは異なる敵を攻撃する」という効果を持っている分、ステータスは高めに設定されています。「50%」というのも、ほかのミニオンに比べれば悪くない確率でしょう。たとえばRagnaros the Firelordの攻撃対象はランダムですから、相手のミニオンが増えるにつれて特定の対象に当たる確率が減ってしまいます。相手の場に1体のミニオンがいれば50%、2体のミニオンが場にいれば33.3%。盤面に7体が並んでいれば12.5%にまでなってしまいます。

 一方、新カードの効果はどれだけ相手がいようと50%の確率なので、「小型のミニオンを並べて重要なターゲットへの被弾率を下げる」というプレイングができません。この点でRagnaros the Firelordよりも期待値が高いと言えます。

 Ogre Ninjaはデメリット効果がある分、5マナ6/6 ステルスという驚異的なステータスを持っています。大半の4、5マナのミニオンに一方的に勝てるステータスですので、Rogueのビートダウンデッキのキーカードとなりうる存在でしょう。

 Dunemaul Shamanはヘルス4とオーバーロード込みで実質5マナのステータスが、盤面を取られていると頼りないのですが、それでも、巣の状態で10点のダメージを叩き込めるポテンシャルを秘めています。先日発表されたWhirling Zap-o-maticと合わせて、「これらのミニオンに相手の除去を使わせ、後半の重いミニオンを生かす」といった使い方もできそうです。

情報元

Goblins vs Gnomes: It’s Not Ogre Till It’s Ogre/Hearthstone公式サイト

0 件のコメント :

コメントを投稿