2014年11月2日日曜日

世界大会「Hearthstone World Championship」アメリカ地区プレイヤー紹介記事翻訳

 日本時間11月3日午前2時から始まる世界大会「Hearthstone World Championship」の試合前予想記事がLiquid Hearthに掲載されています

その中から、アメリカ地区プレイヤーの紹介を翻訳して下記に掲載します。
なお、観戦ガイドについては国内情報サイト「Hearthstone Express」さんにひじょうに充実した内容の記事が掲載されていますので、こちらも要チェックです。2014 HWC 決勝 – 観戦ガイド/Hearthstone Express

アメリカ地区プレイヤー紹介記事(Strelzik氏執筆)

StrifeCro


StrifeCro選手のカード効果
本名:Cong Shu
チーム:Cloud 9
出身地:テキサス州ヒューストン/オースティン市
年齢:26歳
最高ラダーランク:1位
アメリカ地区予選でのHero選択:Priest、Warlock、Druid、Hunter

e-sportsとしてHearthstoneは目新しさに少し欠けるので、16名のプレイヤーのうち知られていないのは一部のプレイヤーだけですが、Cong "StrifeCro" Shu選手は違います。では、BlizzConでStrifeCro選手に何が待っているのか、見てみましょう。

世界最高のプレイヤーと見なされたこともあるStrifeCro選手は、Blizzconで大きな優位を持っています。StrifeCro選手はアメリカ地区予選のフェイズ1を簡単に突破しました…3-0で。しかし今、StrifeCro選手は死のグループにいます。公平のために言うと、StrifeCro選手は「なぜそこが死のグループと呼ばれるのか」という理由の大部分を占めているのです。

しかし、このグループを恐ろしいものにしているプレイヤーがもう1人います。StrifeCro選手のチームメイト、Kolento選手はグループDのもう1人の有力候補です。StriCro選手とKolento選手は両者ともHearthstoneで長く歴史的な成功を固めてきましたが、両者はまだ、大会で対戦したことがありません。

StrifeCro選手とKolento選手の初対戦は今大会で最大の波乱となるかもしれません。両者がグループで対戦するかどうかはまだ決められていませんが、もしそれが実現すれば、BlizzConは強烈なスタートを切ることとなるでしょう。

DTwo


DTwo選手のカード効果
本名:Daniel Ikuta
チーム:Team DKMR
出身地:日本奈良県
年齢:27歳
最高ラダーランク:不明
アメリカ地区最終予選のHero選択:Hunter、Shaman、Warlock、Druid

Daniel "DTwo" Ikuta選手はつねに良い成績を残してきましたが、スポットライトが当たったのはBlizzConのアメリカ地区予選です。BlizzConのアメリカ地区予選が始まるまで、DTwo選手はアメリカでの堅実なラダープレイヤー、そしてオープンブラケットと週間大会の脅威として知られていました。有名でなかったとはいえ、DTwo選手は60%の大会勝率を誇る強いプレイヤーだったのです。

これらすべてが変わったのはBlizzConに向けたアメリカ地区予選のフェイズ1からです。DTwo選手は予選のスイスドロー9回戦を7-2という成績で終え、ニューヨーク市で開かれるアメリカ地区予選フェイズ2への切符を手にした16名のプレイヤーリストに入ったのです。

最終的にオープンブラケットを抜けてスポットライトを浴びたことで、DTwo選手は自分が本当に留まっていたい場所に気付きました。初日のグループステージを2-1のスコアで終えた後、DTwo選手とBlizzConの間に立ちはだっている者はDeerjason選手ただ1人。DTwo選手はそのDeerjason選手を3-0で下し、BlizzConへの切符を手にしました。

その後もDTwo選手は止まることなく、オンライン大会のBattle of the Bestで優勝。この2つのイベントによって、DTwo選手は75%の勝率を10月に残しています。DTwo選手にはまだまだ隠された情報があるしれませんが、彼はちょうどいいタイミングで本領を発揮しているように思えます。

Firebat


Firebat選手のカード効果
本名:James Kostesich
チーム:無し(*1)
故郷:ミシガン州デトロイト
年齢:18歳
最高ラダーランク:1位
アメリカ地区予選でのHero選択:Warlock、Hunter、Shaman、Priest

James “Firebat” Kostesich選手はHearthstoneの中で最も若いプロフェッショナルレベルのプレイヤーの1人です。成熟した18歳として、彼は複数の大会で好成績を残すと共に毎月レジェンダリーランクのトップを獲得しています。元々Good Guyというチームに入っていたFirebat選手は、彼のフレンドであり才能あるプレイヤーのいるCopenhagen Wolvesに移籍しファンに対して彼自身をよりいっそう印象付けてきました。

そして5ヵ月後、多くのチームから関心をあまり引けなかったにもかかわらず、Copenhagen Wolvesを抜けたFirebat選手はWolrd Championshipのグループステージに進出。

Firebat選手はHearthstoneのラダーと大会で絶え間なくその実力を見せ付けており、Hearthstone界で最高のプレイヤーの1人として広く認知されています。私たちは皆、Firebat選手がBlizzConのWolrd Championshipでどのような活躍を見せるのか、ひじょうに楽しみにしています。
*1:この記事が書かれた後、Firebat選手はAmaz選手が創立したチーム「Archon」に加入しています(速報:AmazがFirebat、Hostyと共にArchonを結成/GAMERS LEAGUE)。

Tarei


Tarei選手のカード効果
本名:Jeffrey Liu
チーム:Team Magicamy
出身地:カリフォルニア州アーバイン
年齢:23歳
最高ラダーランク:1位
アメリカ地区予選でのHero選択:Rogue, Warlock, Druid, Hunter

Jeffrey “Tarei” Liu選手は大会でそこまで知られた存在ではありません。しかし、誰かがTarey選手のRogueを語るとき、何についてのことなのか、人々はきっと知っています。Tarei選手は安定したレジェンダリーランキングで知られており、BlizzConのQualifierでもその力を見せ付けました。

アメリカ地区予選のフェイズ1でTarei選手は力強い6-1のスコアで居場所を固めました。彼はさらにフェイズ2で対戦相手を2-0で下し、カリフォルニア州アナヘイムで行われるWorld Championshipに進出した初のプレイヤーとしてその才能を見せ付けました。

Tarei選手は間違いなく今大会で優位を持つプレイヤーで、それと同時に彼がフェイズ2で話した力強いコメント(*2)をWorld Championship本戦で証明してくれるのか、それがひじょうに楽しみであります。
言うまでもなく、Tarei選手はきわめて高いレベルでプレイしており、BlizzConであなたが絶対にチェックすべきプレイヤーです。

*2:最後に決勝大会出場権を獲得したTarei選手は、勝利インタビューで「シーズンに参加するプレイヤーと現存するデッキはほとんど粗悪であり、きちんとしたデッキで臨めば決勝進出は難しいことではない」と言い切って、周囲の人々とコミュニティを騒然とさせました。Hearthstone Expressより引用

0 件のコメント :

コメントを投稿