2014年12月10日水曜日

GvG後の新たなZoo Warlock「Mech Hob Rattle Zoo」

GvG後の新たなZoo Warlock「Mech Hob Rattle Zoo」


 海外コミュニティサイト「Hearthpwn」のデッキビルダーからGoblins vs Gnomes(GvG)のZoo Warlockを紹介します。GvGのリリース日にFoxDit氏によって投稿されたこのデッキは新カードのシナジーをふんだんに取り入れており、以前のZoo Warlockとは雰囲気がまったく異なるデッキになっています。以下はその翻訳です。

FoxDit氏によるMech Hob Rattle Zoo


Mech Hob Rattle Zoo(Hearthpwnより)

コンセプト

Mechとのシナジーがあるカード:17枚
Undertakerとのシナジーがあるカード:8枚
Hobgoblinとのシナジーがあるカード:10枚

 このデッキのコンセプトは「トリプルシナジー」だ。多くのカードが複数のシナジーを持っている。「単体で強いカード」で戦うデッキはもうHearthstoneで通用しない。今の環境で強いデッキはシナジーを持つカードを大量に入れて、その価値を最大限に引き出すデッキだ。

戦い方

このデッキは序盤からミニオンを大量展開するスタイルで、ひじょうにアグレッシブに作られている。
序盤:UndertakerとMechのシナジーを活用する
中盤:Hobgoblinのシナジーを活用する
終盤:強化またはフィニッシャー

マリガン

 Undertakerと安いデスラトルミニオンを探そう。コインを持っていない限りHobgoblinをマリガンではキープしない。半分以上の確率で4ターン目までにHobgoblinを引けているはずだからだ(*)。Undertakerとデスラトルのミニオンを引いていた場合のみHobgoblinをキープしよう。
(*)Hobgoblinはデッキに2枚あり、8枚のカードをドローするので「8/15=0.53=53%」となる

各カードの説明

Clockwork Gnome×2:
 Undertakerの肥やしとMechのシナジーになる。Zooは盤面を取れるから、スペアパーツはひじょうに使いやすい。どのパーツを引いてもつねに活用が見込めるだろう。

Cogmaster×2:
 Hobgoblinの効果を受け、Mechとシナジーを持つ。HobgoblinとMechが場にいるときに出すと、Hobgoblinの強化が先に入って+2アタックも加わるから、1マナで5/4になる。

Leper Gnome×2:
 Undertakerの肥やしになる。アグロの定番の1マナミニオンだ。

Annoy-o-Tron×2:
 Hobgoblinの効果を受け、Mechとシナジーを持つ。ヘルス2によって、どんな序盤のミニオンも倒せる。多くの場合においてミニSludge Belcherと言える。だから後半においてもターンを稼ぐために使える優秀なカードだ。

Undertaker×2:
 このデッキの中心となるカードだ。Undertakerを強化するカードは全部で8つあり、その大部分は2マナもしくはそれ以下となっていて、序盤からUndertakerを活用することができる。

Darkbomb×2:Soulfireの代替だ。ダメージが1減ってマナが1増えた代わりにディスカードがなくなっている。悪くないように見える。

Haunted Creeper×2:
 UNDERTAKERHOBGOBLINの起爆剤だ! 結果的に、このデッキで最高のカードの1つとなっている。本当にしつこいミニオンで、以前からZooで強いカードとされていたが、GvGでさらに強化された。

Ironbeak Owl×1:
 私はZooをものすごくたくさんプレイしたから、サイレンスの重要性がわかる。それと、もしHobgoblinで圧倒的なアドバンテージを稼いでしまったら、敵に情けをかけるために自分のHobgoblinをサイレンスしてもいいだろう:)

Mechwarper×2:
 Mechのシナジーだ。このMechの強さを疑うものは誰もいない。おそらく、GvGカードのトップ5に入る強さだろう。

Micro Machine×2:
 Hobgoblinの影響を受け、Mechとシナジーを持つ。Hobgoblinと合わせれば3/4となるが、もし次のターンまで生き残っていれば5/4となる。

Harvest Golem×2:
 Undertakerの肥やしになり、Mechとシナジーを持つ。

Tinkertown Technician×2:
 Mechとシナジーを持つ。3ターン目までにMechが出ていなければ私はショックを受けるだろう。大抵はこのカードの効果を活用できるから、それを勘定に入れておいていい。

Defender of Argus×2:
 Hobgoblinを守り、盤面を有利に展開できるカードだ。

Enhance-o-Mechano
 Mechとシナジーを持つ。たいていは3ターン目か4ターン目に出して2体のミニオンを強化できるだろう。それで十分良い働きをする。片方がトーントを持ってもう片方がウインドフューリーを持てば理想的だ。

Doomguard×2:
 もしかするとこれを入れたのは間違いかもしれない。大部分をシナジーに頼るこのデッキで、その起爆剤であるHobgoblinを失う可能性があるのは少し心配だ。しばらく試してみよう。もしDoomguardを代えるのであれば、私はMimiron's HeadLoathebを入れたいと思う

情報元

MechHobRattle Zoo/Hearthpwn

0 件のコメント :

コメントを投稿