2015年1月2日金曜日

レビュー:アメリカの玩具メーカー「Funko」製作Warcraft関連フィギュア Artahs、Murloc、Illidan


アメリカの玩具メーカー「Funko」製作のWarcraft関連フィギュア。左からArthas、Murloc、Illidan。

ゆるふわHearthstone会に持っていくマスコットがまた増えました。

 「第3回ゆるふわHearthstone会」のレポートでも写真で軽く紹介しましたが、バブルヘッドで有名なアメリカの玩具メーカー「Funko(ファンコ)」はかわいいWarcraftのフィギュアも販売しています。

 バブルヘッドというのは、内部のバネによって頭が揺れ動く人形のこと。Funkoはその第1人者として1998年にアメリカで発足した玩具メーカーです。

約10秒でわかるバブルヘッド





 Warcraftのフィギュアは頭が大きいだけで揺れ動く構造にはなっていないのですが、それでも、大きな頭が存在感を放っています。

 私が注文したのはArthas、Murloc、Illidanの3点。全部で送料込約5000円です。今は少し値上がりしているかもしれません。日本のAmazonで「Funko: World of Warcraft」で検索をかけたらヒットしました。この3つを選んだのは好みというわけでもなく、単に「安く在庫があるフィギュアがこの3つしかなかった」というだけのことです。今見たらSylvanasとDeathwing、Thrallも在庫があったので、後で注文するかもしれません。

Arthus。黒い塊という印象ですが、鎧の造形などがよくできてます。


箱とセットで。


Illidan。武器や衣服の描き込みがよくできてます。


背面はこんな感じ。基本的に前から見るものなのであまり目立たないですね。


側面。

ちなみに、Amazonではおもちゃカテゴリで「Warcraft」で検索をかけると関連グッズが多数ヒットします。
中には1万円に近いの精巧な作りのフィギュアもありますので、「お金をかけても関連グッズを集めたい」という方は覗いてみてはいかがでしょうか。

0 件のコメント :

コメントを投稿