2015年4月9日木曜日

Blizzardが鍛冶屋に依頼し「Gorehowl」を製作

 Grommash Hellscreamの使う戦斧「Gorehowl」が現実のものとなります。

製作過程動画:Azeroth Armory – Gorehowl

現実の鍛冶屋がGorehowlを製作


 製作を手がけるのはトニー・スワットンさん。映画やドラマに登場する武器の製作を仕事としています。
 Blizzardのニック・カーペンターさんがGorehowlについて説明。

製作過程



「プラズマカッター」で鉄板をカットし、「ホイール・オブ・デス」で切断面を磨き、加熱後に「パワーハンマー」で変形させます。
 柄の部分には「レッドオーク」を使用。衝撃への高い耐久性から武器製作によく使われる材料です。

完成品


 こうして完成したGorehowlがこちら。重量感のある仕上がりです。
 Murlocの氷像もこの通り粉砕。

The Lich King's Frostmourne (World of Warcraft) - MAN AT ARMS

 トニー・ホイットンさんは過去にLich Kingの持つ魔剣「Frostmourne」も製作しています。

情報元

0 件のコメント :

コメントを投稿