2015年5月13日水曜日

7歳のプレイヤーも参加! 「第8回ゆるふわHearthstone会」開催レポート

 私nemukeは5月10日(日)、神奈川県・武蔵小杉の市民館「川崎市生涯学習プラザ」でオフラインイベント「第8回ゆるふわHearthstone会」を開催しました。

 会場には21名が集まり、自由対戦のほか「アリーナ勉強会」や「ゆるふわカップ」で盛り上がりました。以下、写真で会場の雰囲気をお伝えします。


父親と一緒に参加した7歳のプレイヤー

最年少のプレイヤー


前回と同じくイベントにはMSY株式会社様よりゲーミングデバイスブランド「Razer」の製品を展示


このイベント着想の元になった「ゆるHearthstone会」の主催者で不倒城というブログを運営しているShinzakiさんと、7歳の息子さん


真剣にコンピューターと対戦する息子さん



「ここでFireballを使う必要は無いぞ」等とアドバイスを受けながらプレイしていた


次第にほかの参加者とも対戦を開始


「Face Hunter」などのデッキを使いこなしていた

外国人も4名参加


MSIのノートPCとRazerデバイスを持参して参加した中国人の方


2人とも中国の方だが、日本語がとても上手で会話には問題がなかった


台湾人女性と中国人の参加者(奥) 今回来場した外国人は全部で4名

アリーナ勉強会


最近リリースされたスマートフォンで対戦する方も多く見られた


皮製のカバーに包んだタブレットを持ち込んだ方も Hearthstoneの木箱のようで雰囲気が出ている


iPadと専用キーボード


いつものように、プレイヤー同士戦術などのやりとりも盛り上がっていた


「アリーナのピックを勉強したい」という要望を受け、14時頃からアリーナ勉強会を開催



対戦動画 カードピックとプレイを行ったのはnemukeだが、進行中ほかの参加者もいろいろな意見を出し合っていた 自分が知らない視点に触れることで成長できる

ゆるふわカップ風景


15時半頃には3000円分のVプリカをかけて内部トーナメント「ゆるふわカップ」を開催、9名が参加
一方、サーバーが違う中国の参加者たちはその中で小規模のリーグ戦を行った


「ゆるふわカップ」優勝はAkanekoさん


優勝のAkanekoさんは賞品として「Hearthstone Read 2 Win」の管理人のKissinさんにご提供いただいたVプリカ3000円分を獲得


Akanekoさんのデッキリスト

観戦会


ゆるふわカップ自体は参加人数が少なかったこともあって17時半には終了 それ以降はまったり他人のプレイを観戦する雰囲気になった


PCを借りて中国サーバーのラダー環境を体験 「Inner FireAzure Drakeが20点ダメージを叩き出す」など奇妙な光景が見られた

次回は5月24日(日)開催

 ゆったりと過ごした後、居酒屋で思う存分語り合って解散となりました。日曜日は居酒屋が空いていていいですね。またGW明けの日曜日だと参加者が少ないかな、と思っていたのですが、蓋を開けてみれば21名参加と、思った以上の大盛況で何よりでした。

 次回は秋葉原で5月24日(日)に開催予定です。皆さんの参加をお待ちしています。


前回の秋葉原イベント風景(レポート

0 件のコメント :

コメントを投稿