2014年5月11日日曜日

ManaGrind's Friday Night Swiss NA #21で日本人のkoroneko選手が優勝、日本人選手史上初の快挙か 勝利インタビューも掲載

 日本時間5月10日朝9時から開催されたManaGrind's Friday Night Swiss NA #21において、日本人のkoroneko選手がGyll選手を3-2で下して優勝しました。私が知る限り日本人選手が海外の週間大会を制したことはかつてなく、はじめての快挙ではないでしょうか。

 ManaGrind's Friday Night Swiss NAは毎週土曜日、日本時間朝9時から開催されるスイスドロー形式・Hero固定のオンライン大会。参加人数に応じてスイスドローの上位8~16人の選手が決勝トーナメントに進出し、BO3(決勝はBO5)で優勝を争います。

koroneko選手の試合成績

予選スイスドロー
 5-2(7位)
予選スイスドロー表:ManaGrind's Friday Night Swiss NA #21
決勝トーナメント
 (1回戦) 2-1 (Druid)koroneko vs MirageHS(Shaman)
 (2回戦) 2-1 (Druid)koroneko vs mzinho(Druid)
 (3回戦) 2-0 (Druid)koroneko vs callmehank(Warlock)
 (決勝戦) 3-2 (Druid)koroneko vs Gyll(Warrior)
決勝トーナメント表:Finals MG NA #21

koroneko選手について

koroneko選手のTwitter:@WorstBomb
ニコニココミュニティ:ころねこのころねこによるころねこのためのころねこ(。・ω・。)
 今回の大会優勝について、良い機会だと思いkoroneko選手にメールのインタビューを行いました。
 小学校の頃からずっとカードゲームが大好きだったというkoroneko選手は現在17歳の高校3年生。Hearthstoneのプレイをはじめたのは約2ヶ月前で、友だちに薦められて少しプレイしたところ「どっぷりハマってしまった」そうです。
 昔からいろいろなカードゲームをプレイしていたkoroneko選手にとってHearthstoneは「今までで1番バランスが良くて楽しいカードゲーム」とのことで、今回はご自身のスキルアップと(大会の)環境の確認のためにManaGrind's Friday Night Swissに参加されました。

 以下、koroneko選手のインタビュー内容です。

……優勝おめでとうございます。優勝したお気持ちを聞かせてください。
 ありがとうございます。すごく嬉しいです。優勝してからプレイングに自信がつきました。

……ManaGrind's Friday Night Swissではどんなデッキが主流だったのでしょうか?
 今回の大会では「Miracle Rogue」「Hand lock」「Rump Druid」を多く見ました。HunterはUnleash the Houndsが2マナから3マナになったせいか全く見なかったです。

……決勝戦は3-2の接戦だったようですが、戦っていてどう感じましたか?
 今回使用したデッキはRoar DruidといってForce of NatureSavage Roarのコンボを重視したデッキとなっています。
 相手のデッキがWarriorやHand lockなど、展開が遅いデッキの場合は少し無理をしてでもMinionを出し、展開を速めてダメージを与え、後半で先ほどのRoarコンボで勝利を決めることを意識してプレイしています。
 逆に相手がZooなど、展開が早いデッキの場合はTauntを出すことしか意識しません。相手の手札が減るまで防御します。そして最後にRoarコンボで勝利を決めに行きます。

……決勝戦は3-2の接戦だったようですが、戦っていてどう感じましたか?
 相手はMidrange Warriorで有名なGyll選手だったので、名前を見ただけで少しビビってました(笑)。決勝戦は本当にシーソーゲームで、最初に自分、次にGyll選手と交互に1本ずつ取り合って2-2になりました。最後の試合では手が震えていて、あまりの緊張感に場面をよく覚えていません。

……ManaGrind's Friday Night Swissではどんなふうに参加し、運営や対戦相手とやり取りをして進行したのでしょうか?
 参加は非常に簡単でした。アカウントを作りsign up を押すだけです。(大会の点呼時間前に)ManaGrindのTeam Speak 3のサーバーに入った後は、最初に運営の方に「自分は日本のプレイヤーです。(I'm a Japanese player.)」とだけ英訳して伝えました。TeamSpeak3の自分の名前を自分のBattleTag(例:koroneko#1498)にすると、後はスピーカーをミュートにしても大丈夫でした。

……海外大会の参加で敷居の高さを感じる面はありませんでしたか?(英語でのコミュニケーション・対戦相手とのトラブルなど)
敷居はすごく高いと思っていました。「もし何か、しなければいけないことを忘れていたらどうしよう!」とずっと思っていたんです。しかし、大会のルールは非常にシンプルでしたので、しなければいけないことなどはありませんでした。

……次回のMana Grind'sの試合にも参加されますか?
バイトの時間とかぶっていなければ参加したいです!

……最後に、サイトの読者に向けて何か言いたいことがあればどうぞ!
 この大会は本当に素晴らしく親切な方しかいませんでした。そしてなによりみなさん強いので自分のスキルアップになります。(大会のスケジュールは)朝8時45分時点呼、9時試合開始で、決勝戦が終わったのは15時頃でした。もし都合が良ければみなさんも参加されてはいかがでしょうか?
 海外の大会で日本人が優勝したのは初めてと聞きました。なので、2番目の優勝者を目指して頑張ってください!(笑)
……ありがとうございました。次の大会もがんばってください!

 大会参加に音声のやり取りが中心のクライアント、Team Speak 3を使うとなると相手選手とのコミュニケーションが難しい印象を受けますが、Battletagを書き込んでおけばスピーカーをミュートにして問題がないというのは朗報ですね。当サイトにはManaGrind's Friday Night Swissの和訳を掲載していますので、皆さんもぜひ、次の試合の優勝者を目指して参加されてみてはいかがでしょうか。

0 件のコメント :

コメントを投稿